Amazon刈り取りが電脳せどり最強の効率をもたらす。

 

 

ウカノです。

 

 

最近はAmazon刈り取りを極めるべく、

日々研究しています。

 

 

 

「Amazon刈り取り」は電脳せどりの数ある手法の中でも

最強に効率的な手法なのですが、

 

 

その理由は、リサーチが要らないからです。

 

 

といっても、厳密には事前にリサーチしたものを

積み上げていくものですが、

 

 

日々ゼロからのリサーチではない

ということです。

 

 

 

ここが重要ですね。

毎日ゼロスタートでは、効率が非常に悪いです。

 

 

数がある程度積み上げられると、

なにもしなくても最終的にバンバンと!

Amazon刈り取りが可能となります。

 

 

Amazon刈り取りの仕組み

Amazon刈り取りは、

→リサーチしたものを登録し、リスト構築する。

→刈り取るタイミングが来たら、仕入判断する。

→刈り取る。

 

だけです。

非常にシンプルです。

 

 

リサーチは、

仕入の中で最も重要且つ時間のかかる作業です。

 

それを最終的に仕入判断だけに専念出来たら、

圧倒的に効率的になりますね。

 

 

それができる方法があります。

 

 

秘密はツールです。

 

 

 

あるツールを活用することでAmazon刈り取りを

効率的に行うことが可能になります。

 

 

最強電脳せどりの秘密ツールとは?

Amazon刈り取りが最強電脳せどりとなる秘密は、

ツールです。

 

Amazon刈り取りに限らず、

電脳せどりは効率がキモとなるので、

 

あらゆる手作業を効率化するツール

いかに活用するかがとても重要です。

 

 

 

ということで今回、

Amazon刈り取りで利用するツールをご紹介します。
 

 

 

「Keepa」(キーパ) 

 

というツールです。

 

 

 

keepa

Keepaは、Googleの拡張機能で無料で誰でも簡単に追加できます。

しかも無料!!

 

 

「Keepa」の魅力は、

Amazonに出品されている商品の、

過去の価格の推移をグラフで見ることができ、

 

希望の価格になったときにお知らせしてくれる、

という機能です。

 

具体的には、

今5000円で売っているものが2000円になったら教えてね 」

という設定をしておくと、

値下がって2000円になった時にメールなどでお知らせしてくれます。

 

その時に、まだ5000円でも売れる、というものであれば、

刈り取りが可能ですね。

 

 

いくらになったら~という設定も、

Keepaの過去の価格推移をみれば、

価格変動がある商品なのかを判断することが可能になります。

 

 

要は、事前に仕入対象となる商品にあたりを付けておき、

仕入対象となる価格になった、というお知らせが来たものを

ただ刈り取っていくだけなので、効率が良いのです。

 

 

 

Amazon刈り取りの注意点

ただし、Amazon刈り取りは、質が大事です。

どうでもいいものばかり入れてしまうと無駄な通知ばかりきて、

グラフの確認などに時間を取られて仕入れがほとんどできない
 
ということになりかねません。

 

 

 

質にこだわりつつ、

どんどん商品を登録していきましょう!

 

 

 

今回は以上です。

ありがとうございました。