Amazon刈り取りのメリットとは?

 

 

ウカノです。

 

気温が涼しくなってきた今日この頃、

今回はまじめな感じで書きます(*´Д`)

 

 

 

電脳せどりの必殺技、

Amazon刈り取りについて。

 

 

 

Amazonの価格差の仕組みを狙う!

 

 

 

Amazonでは同じ商品の売価が、

 

日によって、時間によって、出品者によって、

大きく変わることがあります。

 

 

これはダイナミック・プライシングと言って、

需要と共有のバランスで価格が決まる仕組みだからです。

 

 

つまり、

世の中に数が少ないものや需要が高いものは価格が高くなり、

飽和しているものや需要がないものは安くなります。

 

 

このダイナミック・プライシングシステムは、

最近では多くの分野で注目され、採用されています。

 

 

せどりや転売、Amazon物販では、

この需要と供給のバランスによって起こる価格差を利用して、

利益を出していくわけです。

 

 

通常は実店舗やネットショップで商品をリサーチする際に、

Amazonで出品されている状況を見て仕入れるかを判断しますね。

 

 

例えば、

Amazonで10,000円で販売されている商品が、

ドン・キホーテで10,000円で売られてても仕入対象にはなりませんが、

 

 

今の出品者がいなくなって2番目の出品者の価格が18,000円だとしたら、

過去に売れてる実績があれば仕入対象となり、利益が出ますね。

 

 

その際、ドンキにある商品は当然仕入れると思いますが、

Amazonの商品も売り切れを待つのではなく仕入れることができれば、

あたりまえですが、その仕入量分の利益が増えます。

 

 

Amazonの商品を仕入れする(刈り取る)。

これがAmazon刈り取りです。

 

 

 

Amazon刈り取りは、あまり大きな声では言えない、

でも普段の仕入れに意識するだけで利益がプラスαになる、

とても効率の良い仕入れ方法と言えます。

 

 

Amazon刈り取りは、

Amazonがダイナミックプライシングを採用する限り、

 

仕入対象がAmazonの出品可能な全商品となるため、

無限の可能性を秘めています。

 

 

 

Amazon刈り取りのメリット

 

Amazon刈り取りのメリットとして、

 

① 仕入対象が多く、ボタン一つで簡単仕入。

② 自分が抑えてしまえば、安い価格の出品者がいなくなる

③ 届くのも早く、最悪返品が可能。

④ フリマなどの出品と比較すると状態が信用できる(新品)。

 

ということが挙げられます。

 

 

 

① 仕入対象が多く、ボタン一つで簡単仕入。

 

既にAmazonで売られているものなので、仕入対象数が多い。

(出品できる全てのカテゴリーで同じ手法でできる)

 

また、付属品があるかないか、機種照合などモノが合ってるかなどの

検品が短縮できる。(基本的に。。)

 

 

無数あるネットショップでは、

個人情報登録など買うまでのフローが多いこともあるので、

ボタン一つで仕入できるAmazon刈り取りは簡単。

 

 

 

 

② 自分が抑えてしまえば、安い価格の出品者がいなくなる

 

自分が出品している商品で刈り取り対象の物を刈り取らない場合、

安く出品している出品者の在庫が売れるのをただ待つ形になり、

自分の在庫が売れるのが遅くなるだけです。

 

 

その商品の在庫がたくさんある場合や回転が速くないものであれば

長期間寝かせることになり、仕入資金や保管料の点でリスクとなります。

(売れるものであれば誰かに刈り取られてしまうでしょうが笑)

 

 

それをもし自分で全部刈り取ってしまえれば、

順番も早くなり、売れる品数も増えることになります。

 

 

 

 

③ 届くのも早く、最悪返品が可能。

 

ネットではショップによって注文から数日かかるようなことがありますが、

Amazonプライム商品であれば、翌日などすぐに到着しますので

大きく変動する前に売り切ることができます。

 

 

また、Amazonプライムでは、30日以内返品が可能ですので、

最悪間違ってしまった場合は返品ができるため損失が抑えられます。

※もちろん返品はなるべくしないほうがいいです。

 

 

 

④ フリマなどの出品と比較すると状態が信用できる(新品)。

 

フリマでは個人の出品スキルや感覚の差が激しく、状態が新品となってても

新品では扱えない商品が届くということが多々あります。

 

 

Amazon出品であれば、新品の状態として販売可能なレベルなのと、

最悪新品で販売できないレベルであれば返品もできます。

 

 

 

 

Amazon刈り取りのデメリットとは?

 

一方デメリットは、

 

① タイミングを間違うと、赤字なるリスクがある。

② 規約違反に触れるというリスクがある。

③ 短期に刈り取りだけで稼ぐのは難しい。

④ 資金が必要。

 

ということです。

 

 

①タイミングを間違うと、赤字なるリスクがある。

 

Amazon刈り取りは価格変動のタイミングを狙うため、

そのまま価格が下がり続けたりすると赤字になります。

 

※モノレートなど、状況をよく確認して根拠がある仕入ができれば、

リスク回避できるようになります。

②規約違反に触れるというリスクがある。

 

前回も書きましたが、昨年2017年の規約変更があった際、

Amazonから仕入れたものを新品で出品することは禁止とされました。

 

 

しかし、現状は稼いでいるせどらーや転売ヤー、電脳プレーヤーは

Amazon刈り取りでガンガン利益を出しています。

 

 

離脱者が増え、競争としてはやりやすくなっていく・・

ってこれはメリットですねw

 

 

いずれAmazon刈り取りはできなくなる可能性はあるかもしれませんが、

全くできなくなるということはないとは思っています。

 

 

Amazon刈り取りを行う場合は、

規約のことは常に念頭に置いておいて下さい。

 

 

 

 

③短期にAmazon刈り取りだけで稼ぐのは難しい。

 

Amazon刈り取りは、やみくもにリサーチしてもなかなか見つからないし、

値段が変わるタイミングがピンポイントで予測できるものではありません。

 

 

そこでKeepaというツールを使うのですが、簡単に言うと商品を登録し、

価格変動の際などにアラートがかかり教えてくれるのです。

 

かなり便利ですが、この登録数を相当な数入れないと、

最初は反応するものがそんなに頻繁に現れないので、

 

 

Amazon刈り取りだけでは稼げません。

 

 

 

逆に言うとこのリスト構築が肝となっており、

質がしっかりしたリストを構築できれば、

 

 

自動に近い状態で仕入がバンバンできるようになります。

 

 

 

 

④資金が必要。

 

Amazon刈り取りでは、価格を上げるために在庫を全部刈り取ったり、

一定期間寝かせたりするという戦略が必要なため、

 

資金力が必要となります。

 

 

 

資金がないためにAmazon刈り取りをメインでやっている

せどらーや転売ヤ―の母数が少ないというのも、

 

資金がある人にとっては有利な点となります。

 

 

 

 

以上、

今回はメリットとデメリットをメインに記事にしました。

 

 

Amazon刈り取りはデメリットを踏まえつつ、メリットを最大限に生かし、

効果的に使っていきたいですね。

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

◆ウカノ リュウ 公式ライン@

 

ウカノのライン@では、

いまのところ気軽にチャットのようにやりとりできます。

下記リンクからどうぞ~(/・ω・)/

 

https://line.me/R/ti/p/%40yhq9641t
→ワンクリックで登録可能!

検索の場合→@yhq9641t

 

 

◆ウカノ リュウ メルマガ

 

Amazonを始めとする物販やマーケティング思考、交渉術において

濃い情報を流しています。ぜひ登録してください!

今ならウカノリュウ「交渉術のポイント」音声特典付き!