お金の管理について

 

せどりや物販事業は、目に見える「物」を売るため、
再現性が高く信用機関の評価も高いビジネスです。

 

もしその中でリスクを挙げるとしたら、
事前に「仕入」が必要なため、
仕入れるほどお金が出ていくことです。

 

売れない事が最大のリスクです。

 

 

どんな人気商品も、売れなければただの置物です。

 

 

また、ビジネスモデルとして、仕入れ→売れる→次の仕入れ、
と繰り返されるので、

 

 

ちゃんと計算しないとお金が増えている
実感がなく、モチベーションが下がります。

 

 

逆に、実感がなくても確実に利益が出ていることがわかると、
モチベーションが上がり、さらに仕入れてやろうという好循環になります。

 

そのため、せどりを始めた初期には、
表で管理することをおすすめします。

 

 

毎月の仕入に対して、利益を算出しましょう。

 

 

例えば、50万円分を仕入れたとして、
手数料を引いて利益30%を仕入れ対象とすると、

 

約90万円の売上予測になります。
そのままもらえたらすごい利益になりますね。

 

 

 

ただし、全部売れたら、の話です。

 

1か月に売れるのは、よくてそのうちの8割程度。
さらにAmazonの各種手数料が引かれます。

 

 

しかも、これは事前の予測値であり、値段が変動するので、
利益が10%程度落ちることも想定をしておいた方が良いです。

 

 

8割が売れて利益率が20%になった場合、

入金は約53万円です。
(カテゴリーによって変わりますが、手数料15%の場合)

 

 

このように、多少の値崩れや滞留も想定内にしておかないと、
仕入れ資金が足りなくなります。

 

 

何が売れて何が残っているのか、そして売れて入金があっても
またすぐに仕入れを繰り返すので、

 

利益が目に見えづらいんです。

 

 

特にせどりの場合、モノレートを見て
売上予測をしてから仕入を行いますが、

特に最初の頃は、仕入れる時より確実に
価格が下がりますので、

 

初期は細かい帳簿を付けた方が良いです。

 

 

僕は、こんな感じで付けていました。

 

 

リアル!! 初期の頃ですね。

 

だんだん慣れてたくさん売れるように
なってきたら、「プライスター」など、

 

自動で価格改定や利益を計算してくれる
ツールがありますので、利用してもいいと思います。

 

 

参考になれば幸いです。

 

ライン@もぜひご登録ください。
いよいよ本格始動します!

→「@yhq9641t」

 

 

メルマガでは、ブログには乗せられない
クローズドな内容もたまに出します!

 

ウカノ_リュウの
「稼ぎ力」がつくメルマガ

 

↓こちらをクリックしていただけると涙が出るほどうれしいです。


せどりランキング
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村