交渉を制する者は人生を制する。

 

 

こんにちは。

リュウ・ウカノです。

 

映画の主演とか、
やってみたいですね。

 

 

忍者がいいな。
世界的に人気が出そうだし。

 

 

 

ドン・キホーテのバイヤー

 

 

僕は、ドンキの本部バイヤーとして
全店に配下するレベルの物量の商談を
毎月やっていました。

 

ディスカウントストアですから、
どこよりも安く仕入れなければなりません。

 

また、メーカーから人気商品や品薄商品を、
イオンなどの巨大グループから奪わなければなりません。

 

僕は交渉スキルを磨き、どこよりも安く、
どこも仕入られない
ような商品も、
ガンガン仕入れられる
ようになりました。

 

企業間の仕入の差を分けるのは、
会社規模の大きさではなく、

 

バイヤーの交渉力!

 

 

交渉を磨くと買い物が楽しくなる。

 

 

 

さて、交渉力を上げると、
人生のいろんな場面で役に立ちます。

 

自分の希望や要求を通したり、
逆に大きなリスクを回避できます。

 

普段一番使うことが多い場面は、
やはり買い物でしょう。

 

物販を行う人にとっては、安い原価で仕入ができる、
というメリットがあります。

 

先日、事務所移転のため、
家電製品をいろいろ買ったのですが、
全てネット上の最安値を下回る価格で買えました。

 

エアコン、プリンター、ラミネーター、
スピーカー、などなど。

 

普通に買うよりも4万円以上は経費が抑えられました。

 

「最終大特価!!」
などと書かれてても
そこから全然下がります。

 

 

 

交渉の3つのポイント

 

 

本日は交渉のポイントをお伝えします。

 

今回は、初級編です。

 

3つのポイントがあります。

 

・交渉できないものはない
・失敗する聞き方をしない
・さわやかに図々しく言う

 

 

まずはマインドです。

 

①交渉できないものはない、と思うこと。

 

家電の例でいえば、
誰しもテレビ
や洗濯機などの大型家電は値段を交渉しますが、
小物家電などは
あまりしないと思います。

 

この前購入したラミネーターは、店頭価格11,000円でしたが、
交渉して6,000円になりました。

 

また、延長コードなどの消耗品レベルを交渉する人は
あまり見たことないですが、
言ったら安くしてもらえました。

 

高額商品の在庫が多いので、アルソックを契約したのですが、
月額を通常より下げた上に設置費用が無料になりました。

 

普通アルソックに交渉して値段を下げられるとは、
思わないと思います。

 

パンフレットにプランと料金が書いてあるので、
決まっているものと思い
込んでしまいます。

 

 

しかしそんなことはなく、値下げに応じてくれます。

 

 

トイザラスもドンキもイオンも値下げしてくれます。

できないものはない! と思いましょう。

 

 

②失敗する聞き方をしない。

 

「もう少し、安くなりませんか?」

「これ以上は安くならないですよね?」

 

これは、ならないと言われる確率がめちゃくちゃ高い、
ダメな例です。

 

売る側からしたら、なるべく利益を残したいので、
この聞き方をする人
は特に安くしなくても買いそう、
だからです。

 


他、NGトーク。

 

  • いくらくらいまで下げられますか?
  • たくさん買ったら安くなりますか?
  • これってお値段交渉とかできますか?

 

僕は営業の仕事もしていたのでわかるのですが、

 

これは、「値下げしなくても買うお客様」の典型的な例です。
もしこれで下がったとしても、確実に下がり幅が少ないです。

 

NG質問をしないようにしましょう。

 

 

③さわやかに、図々しく。

 

ではどう話を持っていけばいいのか。

 

最大のポイントは、ズバリ!

「相当な図々しいことをいかにさわやかに言えるか」

 

これです。

ナンパ師は、笑顔でかなり図々しく話しかけてきますね。

あんなのになんでついていくんだろう、とか思いますが、

 

「さわやかに図々しく」の原則が働き、
ついていっちゃう人もいます。

 

これが暗く申し訳なさそうに来たら、、
誰もついていきませんね。

 

 

多くの人は、値段を下げる交渉の際、
なにやら申し訳なさそうに店員に話しかけています。

 

 

交渉とは、一方的なことではなく、
相手が納得
したときに成立するものです。

 

 

つまり、無理なら相手側も要求を飲まない
というだけなので、

 

気を使うことなど全くないのです。

 

 

交渉の時は、
明るく爽やかに、図々しいことを
ズケズケと言えるようになりましょう。

 

僕だったら、
うわ、たっかいなー。とつぶやいたり、
全然コジマに負けてるじゃないですか!

とか言います。 

 

超さわやかに。

 

相手が嫌な気持ちにならないギリギリの
ラインかつ、火をつける感じで攻めます。

 

そして、値段の指し方は、この位にしてほしいと思う
価格の
2割以上下から入ります。

 

 

例:10,000円の物が7,000円位になりそうなら、
半額で攻めます。

※もちろんケースによりますが。

 

半額になりませんか?
半額は厳しいですか?

はダメです。

 

半額にしてください。 

の方がいいです。

 

 

 

他にも、

一つの方法で諦めない。
事前に相場観を把握しておく。

など、中級編のポイントもあります。

 

 

僕はかなり厳しい場合、(かなり最終手段ですが)
要求を飲まないとこの人かなりヤバそう感を
めちゃくちゃ
出して仕留めます。

 

こちらは上級編です(笑)

 

いずれ、お伝えしましょう。

 

全部を駆使すれば、
値段交渉は相当な確率で成功します。

 

 

本日は以上となります。
少しでもお役に立てたら幸いです。

 

 

ウカノ_リュウの
「稼ぎ力」がつくメルマガ

 

↓こちらをクリックしていただけると涙が出るほどうれしいです。


せどりランキング
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村