せどりの先にあるもの。

 

 
せどり・物販ブログで1を目指しています!!

↓こちらをクリックすると、最新の順位が見られます!

     にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

人気ブログランキング最高順位 8位!  ブログ村最高順位 13位 ※2/10時点

いつもありがとうございます!! (*ノωノ)

 

 

どうも、ウカノリュウです。

せどりから始まる、物販事業の発展の形。

 

 

以前も書きましたが、

「せどり」という手法がなくなることはないです。

呼称は変わるかもしれませんが。

 

 

ただ、その稼ぎやすさに参入者は増え、

転売防止策をとってるショップも増えてますので、

 

 

いつまでも同じことをしていては稼ぎにくくなってきます。

 

次のステージを視野に入れておきましょう。

 

ステップアップ

 

 

せどりの先に、こんな道がある

 

 

①せどり段階

→まずは既存の売れる商品を、

Amazonなどのプラットフォームを使って販売する。

 

=商品の仕入れ方、売り方を学ぶ。

 

 

②メーカー仕入れ

→メーカーや卸業者から直接仕入れる。

 

=仕入量が安定し、さらに利益が取れるようになる。

 

 

 

③OEMを作る。 

OEMは一言でいうと、他社メーカーの製品を自社商品として売ること。

 

=値崩れを防ぎ、利益が増える。

 

 

 

④自社ブランド、自社商品を作る。

自分たちだけのオリジナル商品を生み出す。

 

=競合を防ぎ、安定して売り続けることができる。

 

 

 

 

 

 

ここまでいったら、楽しいですね。

 

 

 

ドンキの本部にいた頃、

OEM商品を作ってました。

 

 

ドンキの食品部門は、

粗利率が15%くらいで、廃棄やロス、

人件費などを引いた純利益は、

なんと1%くらいしか残りません(当時)  

 

 

意外じゃないですか?(^^)

 

 

ドンキは食品や消耗品で集客して、

アパレルや日用雑貨などで利益を確保する、

 

 

というビジネスモデルです。

 

 

 

☆売れる商品を作るという経験☆

 

OEMは利益率向上が目的です。

 

 

 

ドンキ時代に、食品のなかでも廃棄やロスの多い、

日配品(冷蔵ケースのコーナー)部門で利益商材を作ろうと、

 

僕が最初に作ったものは、プリンでした(笑)

 

 

 

一時、コンビニで「俺のプリン」みたいな、

でかいプリンがはやりましたよね?

 

 

それをドンキ版で作りました。

 

 

 

コンビニのデカプリンは、

男性しか買いにくいもので、味もまずかった。

 

 

 

そこで僕は、

トランプのキングをイメージして、

女性にも手に取ってもらえるようなデザインにしました。

 

 

味も改良し、普通のプリンに加えて、

チョコとミルクの3種類を作りました。

 

 

 

 

これが大ヒット!!!

めちゃめちゃ売れました。

 

 

 

自分が世に出すものが売れるって

いうのは嬉しかったですね。

 

 

 

店に行ったときに、置かれてるのを見るだけでも、

我が子が頑張ってる姿を見る感じで、感慨深かったです(笑)

 

 

 

 

 

逆に、全然売れなかったもの。

 

 

 

これは僕が関係してないやつでしたが、

X-Japanとコラボしたカレーパンが発売されました。

 

 

 

 

全然売れなかった(笑)

 

 

毎日廃棄の嵐。

社内からクレームの嵐。

 

 

詳細は忘れましたが、

この件で会長がとても怒ってました。

YOSHIKIに(笑) 

 

 

 

売れるものを作るって、

いろんな要素が複雑に絡み合うのでほんとに難しいです。

 

 

 

でも、売れると達成感があって、楽しいですよ!!

今の事業でも、その域に早く着きたいですね。

 

 

 

 

久々にキングプリンどうなったかな~

と思って見に行ったら、

 

 

 

なくなってました(笑)

 

 

 

おい、ドンキ!!

(;゚Д゚)

 

 

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

◆ウカノ リュウ メルマガ

 

Amazonを始めとする物販やマーケティング思考、

交渉術において濃い情報を流しています。

 

こちらから登録してください!

 

↓最後に、こちらをクリックしてもらえたら嬉しいです!


せどりランキング
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村