【プロフィール】

 

ウカノ リュウです。

 

昨年、5年間勤めた会社を退社しました。

 

2017年1月に独立し、せどりを中心としたネット物販、リユース事業を展開しています。

リユース(再利用)は、中古品の買取、卸事業です。

 

 

以下に実績や簡単な経歴を記載します。

 

 

■独立からこれまでの実績

 

2016年 9月 リユース業の会社を退職。 事業開始までに全財産が30万円を切ってしまう。

 

2016年 12月 最初の事業をAmazon物販(欧米輸入)からひとりでスタートすることを決意。

 

 

2017年 1月 個人事業主として活動開始。 初月売上衝撃の100円(ひゃくえん)!!

 

2017年 2月 Amazonで月商28万円  店舗せどり開始 リユース事業開始 2名を加える。

 

2017年 3月 Amazonで月商100万円突破!

 

2017年 5月 Amazonで月商200万円突破! 電脳せどり開始

 

2017年 6月 Amazonで月商300万円突破! リユース含めて月商1000万円突破!

 

2017年 8月 Amazon 中国輸入開始。   リユース含めて月商1300万円突破!

 

2017年 9月 情報発信スタート。

 

 

******************************************

 

Amazonは設定やルールが細かく、はじめはなかなか進みませんでした。

初月はなんと中古の本が1冊売れただけでした。。

今は平均で300万円程の売上ですが、稼働(仕入)日数はどんどん減り、月6日程となっています。

その分他のことをする時間ができ、精神的にかなり余裕が出てきました。

これからさらに大きな収益を作るべく、次のステージに向かって勉強をしています。

今では、通勤なし、休みは自由、お金も自由に使え、ストレスフリー!!

たくさんの夢や野望があり、未来にワクワクしている毎日を送っています。

 

毎日家族と過ごし、行きたいときに行きたいところへ行ける。

 

それ以上に素晴らしいと思うのは、行きたくないときに行きたくないところへ、行かなくていい(笑)。

 

つまり、自分の人生を常に選択できる状態です。

 

 

これがどれほど素晴らしいことでしょうか。

 

会社員の時は上下関係、取引先や顧客との対人問題、通勤、お金といった日々ストレスとの戦いでした。

 

多くの人生は我慢の連続ですが、今はこう思います。

 

 

 

 

 

「これからの人生に、我慢なんてしている暇はない」

 

 

 

 

 

子ども時代に我慢することの大事さはもう学びました。このままでは我慢する必要がないことも我慢しながら人生が終わってしまう!

やりたいこともできずに終わらせてたまるか~!!という感じですね。

 

 

しかし、独立を決めた要因は決してポジティブなことではありませんでした。

 

 

昨年の夏。ドラマのようなことが起き、突然会社を辞めることに。

 

 

会社は業績好調でした。私は会社史上最速で核事業の事業部長に昇進し、サラリーマンの平均年収の数倍はもらっていました。

 

社内最重要ポストと言っていいポジションを任され、順調に業績を上げている自分がまさか辞めることになるとは、

 

全く!! 思ってもみませんでした。頂点(じゃなく有頂天)からのドン底です。

 

 

この物語の詳細は別の機会に語りたいと思いますが、会社員はどんなに頑張っても、組織の一員である以上、変えられないことがあります。

 

よく起業は不安定、会社員は安定と言われますが、全然安定じゃないという事が身に染みてわかりました。

今の僕には、こうしたらビジネスはうまくいく、人が幸せを感じる、素晴らしい会社ができる、という理想とアツい想いがあります。

 

自分のため、家族のため、仲間のために、絶対に実現します。

 

会社を突然辞めることになったネガティブな出来事は、今でも常にモチベーションとなり、活動の原動力となっています。

 

 

 

 

さて、ブログタイトルでもあるように、私はドン・キホーテに10年近く所属していました。

 

 


私のビジネスの原点はドン・キホーテです。 確実に人間的に強くなりました。

 

ここでのし上がったことで、引きこもり&コミュ障だった僕は、絶対的な自信をつけることができました。

 

ドンキでは担当者のランキング制度があり、大相撲の番付表に見立てて発表していましたが、

 

僕は巨大企業ドン・キホーテの中でも、最も社員数の多い食品事業部の「横綱」として全国トップに立ちました。

 

 

しかし、そこまでの道のりはかなり過酷。二度の降格をはじめ、当時はあたりまえでも今では大問題となる事件が起きる(これはかけない笑)など、

 

苦労と苦難の連続でした。

 

 

それができたのは、仕事が好きだったからです。

 

休みも休まず働き、陳列や販促を研究し、とにかく数字を取ることを追求しました。

 

何が売れるのか、どういう商品が利益が取れるのか、このクオリティで一番回転する値段はいくらか、ということが感覚で身についてきました。

 

 

店舗せどりにおいて、無駄な商品のリサーチ時間を減らすことが効率化のポイントですが、

 

その感覚が確実に役立っています。

 

 

ドンキをはじめ、会社員時代には貴重な経験をして、人としてもビジネスパーソンとしても成長させてもらいました。

しかし・・・。雇用される側に戻ることはもうありません。

 

それは、冒頭の「常に自分で選択する最高の人生」を選んだことと、せどりから派生するビジネスでその年収をさらに超える事が可能だと確信しているからです。

 

ネットビジネス初心者で、何の専門家になるか明確ではない人は、せどりでビジネスの初歩を学んだ方がいいと思います。

 

副業の方、子育てに忙しい主婦でも、正しく行えば確実に収入を増やすことができます。

 

 

このブログではそれをお伝えしていけたらと思っています。

 

 

一緒に自由をつかみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。